スポンサーリンク

ソフトバンク、格安スマホ業者への回線接続料金値下げへ

ソフトバンク

ソフトバンクが格安スマホ(MVNO)事業者に貸し出す通信回線の接続料金を2017年4月から値下げする方針であることが明らかとなった。

値下げ幅は3割以上で検討されている模様。

スポンサーリンク

値下げ後の接続料金は現在最安のドコモ並み。消費者へのメリットに期待

格安スマホ(MVNO)事業者は大手携帯会社の通信回線を借りて事業を行っており、その際に回線の接続料が支払われている。

MVNO事業者が大手携帯3社に支払う接続料金は、総務省が定める計算式に従って各社が決めているが、現在のところ最も接続料金が安く設定されているのがドコモである。

逆に最も高く設定されているのがソフトバンクで、MVNO事業者のほとんどは料金の安いドコモの通信回線を利用しているが、ソフトバンクは接続料金をドコモと同等まで値下げする方針で検討に入っているようだ。

もしソフトバンクが接続料を値下げすればKDDIも追随する可能性は高く、ドコモ以外の通信網を利用したMVNO事業者の新規参入が期待できる。

また、ソフトバンクとKDDIの値下げでドコモが更なるに値下げに踏み切る可能性もあり、3社の価格競争によりMVNO事業者の負担が減って、結果的に消費者のメリットへと繋がることにも期待したい。

なお、総務省は格安スマホ業者の回線利用料を減額して、携帯3社のSIMロック解除期間も短縮する方針であることを明らかにしており、すでに今月6日より有識者会議を立ち上げているとのこと。

source:日本経済新聞

つっつん
僕も格安SIMを検討中です!

スポンサーリンク