スポンサーリンク

【Kindle本】「就職しない生き方」から得た4つの考え方。

今回読んだのは、約5年前に発売された「就職しない生き方」という電子書籍です。

古川健介氏や西村博之氏、堀江貴文氏など、ネットで「好き」を仕事にしている10人によるインタビュー形式の本でした。

一応僕も就職せずに生きている側の人間ですが、本には共感できる内容が多くありましたよ。

それでは早速、個人的に「いいね!」と思ったフレーズを独断と偏見で選んでご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

いいね!と思った4つのフレーズ

生き方

優秀じゃない人には優秀じゃない人の戦い方がある。(古川健介氏)

自分が得意なことだけをやる。

好きなこととか、やりたいことじゃなくて得意なことです。

もちろん「好き」や「やりたい」も大切だけど、それだけではどうしようもないことだってありますからね。

無理すると体こわす(古川健介氏)

僕、無理すると体こわすんですよ。

忙しくなると、風邪ひいて倒れちゃうんで、忙しい生活はできない。

これ、僕も同じなんですよね。

僕の場合は睡眠時間が短くなるとすぐに風邪をひきます。

あとでこうすればよかった、と思うようなことがないようにしてる(古川健介氏)

やらないでがまんして、あとで後悔しても、どうしようもないから。

基本的にやらないで後悔するより、やって後悔したほうがいいと思います。

まず、やってみないことには始まりませんからね。

現状に不満があるなら、自分で変えればいい(家入一真氏)

たとえば、安定した生活を求めて、いやな仕事をガマンしてやるっていうのも、それはそれでありだと思います。

でも、だったら黙ってガマンしたらいいじゃないですか。文句言うんだったら、自分でなんかやれよ! と。

現状に不満があるなら、自分で変えればいい。

行動しないで文句言うなんて、ダメですよ。

ぐうの音も出ませんね。

管理人のひとこと

僕が思うことを言わせてもらうと、就職してようがしてなかろうが、社長だろうが会長だろうがフリーターだろうが、仲間を大切にして胸をはって「コレが自分の生きる道だ!」って言えるひとが一番カッコイイってことですよね。

身内の問題でつべこべ言って世間を騒がせて、ずっと一緒にやってきた仲間達を右往左往させる某家具屋の会長さんよりすごくカッコイイじゃない。

はい、ではまた!

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク