スポンサーリンク

総務省、格安スマホ業者の回線利用料を減額、携帯3社のSIMロック解除期間も短縮へ

電卓で計算

総務省が、格安スマホ業者(MVNO)が大手携帯会社に支払う回線利用料の算定基準を見直し、減額する方針であることが明らかとなった。

加えて、携帯3社で購入した端末を他社で使えないようにする「SIMロック」に関しても、解除できるまでの期間を現在の半年から短縮させるよう大手に求める方針のようだ。

スポンサーリンク

格安スマホへの乗り換えを後押し。大手3社の利用料金も引き下げとなるか

格安スマホのMVNO事業者は大手携帯会社の回線を借りて事業を行っているが、その際に大手携帯会社へ支払う回線利用料が下がれば、その分格安スマホの通信料が安くなり、ユーザーの格安スマホへの乗り換えが促進される。

そうなればドコモなどの大手携帯会社も通信料を見直さなければならなくなるというのが総務省の狙いのようだ。

また、「SIMロック解除」の期間短縮も格安スマホへの乗り換えを促進する狙いがある。

日本経済新聞によれば、総務省は10月をめどに携帯料金に関する有識者会議を設置、11月にも議論をまとめるとのこと。

今回の政策がユーザーにとってどのような効果をもたらすのかに注目が集まる。

source:日本経済新聞

スポンサーリンク