Chromeが勝手に自動翻訳しないようにする方法

どうも!管理人のつっつんです!

早速ですが、先日とある海外のWebサービスを使った際、機能に不具合が生じてしまいまして、その原因はChromeの自動翻訳機能だということがわかりました。

それがどのサービスなのかはさておき、そもそもChromeの自動翻訳機能って必要ですか?

ぼくは使用したWebサービスで偶然不具合が生じたこともあり、自動翻訳機能はオフにしました。

そうなると翻訳したいときは右クリックで「日本語に翻訳」を選択しなければなりませんが、そうそう翻訳してもらいたい機会もありませんので別にこれでOKです。

というわけで、今回は主要なブラウザをGoogleChromeにしている方向けに、Chromeが自動で勝手に翻訳しないようにする方法をご紹介しておきます。

Chromeの自動翻訳機能をオフにする方法

Chromeの言語翻訳設定

方法はいたって簡単。

下記の順に設定を変更するだけでOKです!

「GoogleChromeの設定」>「詳細設定」>「言語」と進み、母国語以外のページで翻訳ツールを使用する」の箇所をオフにする

「GoogleChromeの設定」はPC版なら画面右上の「︙」から、スマホ版なら画面右下の「…」から開けます。

PC版で「言語」の設定を開いた際に「母国語以外のページで翻訳ツールを使用する」の項目が表示されていない場合は「∨」のアイコンをクリックして表示数を増やしてください。

お役に立てば幸いです♪