スポンサーリンク

Chromeが勝手に自動翻訳しないようにする方法

どもです!

早速ですが、先日とある海外のWebサービスをはじめて使った際、機能に不具合が生じてしまいまして、その原因はChromeの自動翻訳機能だということがわかりました。

それがどのサービスなのかはさておき、そもそも自動翻訳って必要ですか?

ぼくは使用したWebサービスで偶然不具合が生じたこともあり、自動翻訳機能はオフにしました。

ですので、翻訳して欲しいときは右クリックで「日本語に翻訳」を選択しなければなりませんが、そうそう翻訳してもらいたい機会もありませんので別にこれでOKです。

というわけで、今回は主要なブラウザをGoogleChromeにしているひと向けに、Chromeが自動で勝手に翻訳しないようにする方法をご紹介しておきます。

スポンサーリンク

自動翻訳機能をオフにする方法

スクリーンショット 2015-02-22 16.58.01

方法は簡単。

「GoogleChromeの設定」>「設定」>「詳細設定を表示」>「言語」と進み、「母国語以外のページで翻訳ツールを使用する」のチェックを外すだけです。

急いては事を仕損じる。

てことで、ではまた!

【こちらの記事もどうぞ】
▶︎iOS版「Gmail」アプリが大幅アップデート!送信取り消し機能も搭載!
▶︎Gmailアプリの画面が真っ白になったらキャッシュを削除してみよう
▶︎無料で容量無制限のフォトストレージサービス「Googleフォト」

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク