一人暮らしの女性は覚えておきたい?トイレつまりの裏技パイプユニッシュ!

どーも!つっつんです!

皆さんは普段の生活で、トイレがつまって流れなくなってしまった経験はありませんか?

僕は学生のときに何度かありますが、はじめて詰まったときってけっこう絶望的ですよね…

今回の記事では、元不動産管理会社勤務の僕がイザというときにどう対応すれば良いのかを自分の経験をもとにお教えします。

ウンが良くてトイレ詰まりの経験をしたことがない人もいるかもしれませんが、明日は我が身です。

使える豆知識も含まれていますのでぜひチェックしてください。

トイレつまりの必需品、ラバーカップを用意!

突然ですが、一家に一台必ず欲しい物といえば何でしょうか?

パソコン?テレビ? いえ、ラバーカップでしょう!笑

ラバーカップとは、俗に言う「トイレのスッポン」ってやつです。

これは事が起きてから用意するよりも先に購入しておいたほうがいいですよ。

「もし詰まってもマンションの管理会社さんに来てもらうからいいよ」っていう人だって、休日や時間外で頼りの管理会社さんが対応してくれないかもしれません。

そんなときでもコンビニやパチンコ店などが近くにあればトイレを貸してもらえますが、歩いて行ける距離にお店がない人は最悪ですよね。我慢できなくなっちゃいます。

それに、女性の一人暮らしの場合は他人にトイレの詰まりを直してもらうのは恥ずかしいものがありますよね。

だからラバーカップを用意しておいたほうがいいんです!

そしてできるだけ自分でなんとかしましょう!

【裏技】「ラバーカップ+秘密の道具」で確実に詰まりを解消

ラバーカップを使ってみたものの、うまく詰まりが解消されないことがあります。

そんなときは下記の裏技も試してみてください。

これは僕が住宅管理会社に勤めていたときに自ら編み出した必殺技なんですが、実はラバーカップを使う際に、ある秘密の道具を一緒に使うことによってかなりの確率で詰まりを解消する方法があります。

 

その秘密の道具とは・・・パイプ洗浄液です!

 

洗浄剤ではなく、洗浄液ですね。ホームセンターなどで黄色い容器のものが売ってありますよね?あれです。

使い方は、トイレの水が溜まる部分に通常通りの量の液体を流し込みます。(つまりがヒドイならもっと多めに)

そしてそのまま15分ほど放置します。

15分経過したら、ラバーカップでカパカパしてみましょう。

ちなみに、カパカパはただガムシャラに何度もやってもダメです! 言葉で説明するのは難しいですが、ラバーカップから手に伝わってくる水の感触を感じながら、グッ…!グッ…!グッ…!という感じで上から水圧をかけて詰まりを一気に下に押し出す必要があります!

 

「ゴゴゴゴーッ、ジャーーーッ!!」

この音が聞こえれば、見事歓喜の瞬間となります!

パイプ洗浄液とラバーカップ

店頭でラバーカップを買うのが恥ずかしい人はAmazonや楽天で購入すると良いですよ。もしものときの為に備えておきましょう!

僕はこれまで何十件ものトイレ詰まりをパイプユニッシュとラバーカップで直してきました。
しかし、通常パイプ洗浄液ではトイレの詰まりの原因となる紙などを分解することはできないとされています。
あくまで推察ですが、もしかすると薬剤によって排水管の汚れやヌメリが落ちやすくなったところにラバーカップで勢いよく水圧をかけていたことが上手くいっていた要因なのかもしれません。
洗浄液本体裏面にもトイレ詰まりの原因となる紙などは分解できないと記載されていますので使用する際は自己責任でよろしくお願いします。

ひとこと

今回ご紹介した必殺技でも開通できないときは、料金はかかりますが、潔く業者さんに頼りましょう。

アパートやマンションにお住まいであれば管理会社が対応してくれるかもしれませんのでまずは問い合わせてみるといいでしょう。
その際はおそらく「管理会社のスタッフ(もしくは大家さん)が来て対応」→「直らなければ専門業者を手配」という流れになるかと思います。

お金がかかっても仕方ないから一刻も早く一発で直してほしいという人ははじめからプロに直接自分で依頼するのが速いと思います。

ちなみに、僕は管理会社のスタッフとして何十件ものトイレつまりを直してきましたが、ぶっちゃけ誰1人としてお客さんの名前も顔も覚えてません。こういう仕事はたんたんと作業をこなして次の現場に向かうだけですからね。

ですから、とくに女性は恥ずかしいかもしれませんが、その人は一生会うことのない他人だと思ってさっさと問い合わせましょう!笑

なお、下記の業者さんはトイレのつまりだけでなく水回りのトラブル全般に全国対応してくれるはずです。(料金は7,000円~)

失敗する可能性のある管理会社のスタッフじゃなくてはじめからプロに直接依頼したい人は利用すると良いでしょう。

それでは、幸ウンを祈りますw

>>水道のトラブルなら【水道修理屋】



 

【カテゴリー】学び・豆知識
広告