損しないように!1GBプランでは毎月割引の適用なし


公開日: SoftBankニュース, auニュース, 節約

auでは3月23日、ソフトバンクでは4月1日より提供が開始される1GBプラン。(ドコモは家族で毎月5GBのデータ量を分け合える「シェアパック5」)

これは、月々1GBのデータプランと、5分以内の国内通話が無料でかけ放題となる通話プランを組み合わせて、毎月の支払額を4,900円〜にしようとする新プランではあるが、ひとつ気をつけてほしいことがある。

1GBプランにはソフトバンクの月月割、auの毎月割が適用されない

気をつけてほしいのは、ソフトバンクでは月月割、auでは毎月割が適用されないということである。(ドコモは月々サポート継続)

以下の例を見てほしい。

例)auで「カケホ(時間制限なしのかけ放題)」+「データ定額2(2GB)」を契約中の料金

  • 基本使用料:2,700円
  • データ定額2:3,500円
  • LTE NET(インターネット接続料):300円
  • 端末代:3,015円(毎月割適用で▲3015円)
  • 合計:6,500円

 

例)auで「スーパーカケホ(5分以内かけ放題)」+「データ定額1(1GB)」にプラン変更した料金

  • 基本使用料:1,700円
  • データ定額2:2,900円
  • LTE NET(インターネット接続料):300円
  • 端末代:3,015円(毎月割適用なし)
  • 合計:7,915円

結果

上の例では、現在auで「カケホ(時間制限なしのかけ放題)」+「データ定額2(2GB)」を契約中の人が、新たに1GBプランにプラン変更した場合、1,415円(6,500円−7,915円=−1,415円)も損をしてしまう計算になった。

しかも、毎月使えるデータ使用量は1GB分も減って、電話もかけ放題だったのが5分以内に制限されてしまっている。

なぜこうなるのかは上の例で一目瞭然だが、要するに1GBプランでは毎月割が適用されずに、端末代金がそのまま負担になってしまうからだ。毎月の割引サポートが残っているユーザーはこのことにぜひ注意してもらいたい。

プラン変更をする際は、1GBプランではデータ使用量を抑えて通話を控えめにさえすれば、今よりも支払額が安くなるという先入観を捨てて、現在の自分の契約状況をしっかり確認してから行ったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

サイト内キーワード検索
スポンサーリンク
iPhoneSE
BIGLOBEが「iPhone SE」の取扱を開始~BIGLOBE SIMと合わせて月額2,980円から利用可能

ビッグローブ株式会社は19日、同社が提供する格安SIM「BIGLOBE

スーパーマリオラン
Android版スーパーマリオランは3月に配信開始〜事前登録受付中

任天堂がAndroid版スーパーマリオランの配信開始月を2017年3月

Instagram
インスタグラムが新機能「ライブ動画」を日本でも導入開始

Instagramは現地時間1月17日、昨年11月に発表していた「In

「Vine」が正式終了–「Vine Camera」にリニューアル

以前から予告されていたとおり、現地時間1月17日をもって「Vine」が

pokemongo
【ポケモンGOアップデート】Apple Watchでポケストップのタマゴ獲得を表示(Ver.1.23.1 / 0.53.1)

17日、ポケモンGOより約1ヶ月ぶりとなるアップデートが配信された。

ドコモの学割
ドコモが「ドコモの学割」を1月20日より実施–1年間毎月の基本使用料を最大1,500円割引

image:NTT docomo NTTドコモは17日、25歳以下の

Kindleセール
Kindleストア、「資格試験対策キャンペーン」や「英語&実用書フェア」などの電子書籍セールを開催中

Kindleストアにて「【50%OFF】今年こそ合格~資格試験対策キャ

ソフトバンクが「学割モンスターU18」を実施–18歳以下なら月額2,980円から利用可能に

image:ソフトバンク 本日1月16日、ソフトバンクは18歳以下の

Kindleセール
【20%OFF】「冬☆電書」講談社コミック まとめ買いセール開催中 (2/1まで)

Kindleストアにて電子書籍コミックが20%オフで購入できる「冬☆電

Kindleセール
【50%オフ】Kindleストアで「幻冬舎映像化作品フェア」開催中(1/26まで)

Kindleストアにて電子書籍が50%オフとなる「幻冬舎映像化作品フェ

→もっと見る

Copyright© Time to enjoy(タイムトゥエンジョイ) , 2016 All Rights Reserved.