小さくビシネスを始めるならバーチャルオフィスで住所だけ借りる方法がオススメ


公開日: Webサービス・ITニュース

今回はぼくも以前に使っていたことのあるバーチャルオフィスをご紹介します。

バーチャルオフィスとは、起業した者が実際の拠点(オフィス)を持たなくてもビジネスに必要な最低限のインフラ(住所、電話番号、FAX番号など)を貸してくれる便利なサービスです。  



バーチャルオフィスのメリット

  • 高い家賃を支払って事務所を借りなくてすむ。
  • 名刺やHPに住所を記載できる。
  • 事務所を借りると高額な一等地に住所を置くことが可能。
  • 自宅の住所を使わなくてすむ。 など

バーチャルオフィスのデメリット

  • 突然の訪問などに対応できない。
  • 社会保険や雇用保険の申請が難しい。
  • 許認可が取得できない可能性がある。
  • 創業融資が受けられない可能性がある。

こんなひとにオススメ

上記のデメリットをふまえると、まずは一人で小さくビシネスを展開しようと考えているひとや基本的にノマドワークで事務所に常駐することがないひとにオススメです。

ブロガーでも自宅以外の住所で名刺が作りたい場合などに使えると思います。  

ぼくの場合、電話は携帯電話と自宅の固定電話を使用していましたので、住所と郵便物の受け取りだけしてくれるサービスに加入していました。

ちなみにそのときの料金は、月額5,250円。事務所を借りるより断然安いです!

実際にぼくが利用させてもらったバーチャルオフィスは「Karigo 」ってところなんですが、ここは対応も丁寧ですごくよかったですよ。

契約方法は、申し込みのときに本人確認資料を提出して、本人確認の電話がかかってきたらそれを受けて入金するだけだったと思います。(HPでご確認ください)

バーチャルオフィスを検討している方は「Karigo」を利用してみてはいかがでしょうか?

バーチャルオフィスならKarigo

ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりどうぞ。

follow us in feedly
スポンサーリンク
▶サイト内キーワード検索&関連記事
スポンサーリンク
【Kindle本セール】珠玉の恋愛小説キャンペーンなど

Kindleストアにて電子書籍がお買い得価格で購入できるセールが複数開

出前の検索・注文ができる「LINEデリマ」がスタート〜ガストやモスバーガー、CoCo壱など全国14,000店舗のフードメニューを注文可能

LINEは7月27日、ピザ・寿司・カレー・中華・弁当・ケータリング・お

iPhone8の発売日は2017年10月〜12月か。顔認証機能が搭載される可能性あり

先日、iPhone10周年記念として発売が予想されるプレミアムモデル「

あんしん連絡先
相手の位置情報を共有できる安否確認用iPhoneアプリ「あんしん連絡先」をGoogleがリリース

7月26日、Googleは家族や親しい友人と自分の現在地を直接共有でき

「君の名は。」Blu-ray&DVD
「君の名は。」iTunes Storeで販売・レンタル開始。Amazonでは「FireTV Stick」購入キャンペーンを実施中

本日7月26日より、昨年の大ヒット映画「君の名は。」の販売およびレンタ

Google、Chromeの最新バージョン60をリリース〜MacBook ProのTouch barに対応

Googleは現地時間7月25日、Google Chromeの最新バー

Adobe、2020年でFlashのサポートを終了へ

Adobeは現地時間7月25日、2020年末までに「Flash」および

iPhone8(MartinHajek)
9月発売は「iPhone7s/7sPlus」のみ?「iPhone8」の発売日は2018年以降か

今年9月に発表される次期iPhoneは「iPhone7s/7sPlus

「iPhone8」、ベゼルは4mmでディスプレイ上部の両端は電波とバッテリー表示。イヤホンジャックは無し

米メディアのForbesが、ケースメーカーのNodusと協力して「iP

Twitter
Twitter、「いいね」したツイートの表示順序を変更へ

Twitterが公式アプリの一部仕様変更を発表している。 今回変更さ

→もっと見る

  • 中の人→


  • 友だち追加数

© 2014-2017 Time to enjoy All rights Reserved.