Amazonに買取不可で数冊が返送されたそのワケとは?


公開日: Amazonニュース, 節約

事前に買取価格を検索できるAmazon買取サービスで本を売ってみます」という記事にも書きましたが、今回ぼくはAmazonが新しくはじめたAmazon買取サービスで本の買取を依頼しました。

実際に買取を終えた結果、2冊の本が買い取ってもらえずに自宅に返送されてきたわけですが、今回はその2冊が買い取ってもらえなかった原因を追求したいと思います。



商品の不一致(エディション違い)に注意

買取不可となる理由は幾つかありますが、今回の原因は2冊とも「商品の不一致(エディション違い)」ということでした。

事前にきちんと買取対象なのかどうかを検索してから買取に出したはずなのに、どうしてでしょう。

結論から言うと、事前に検索した商品とぼくが買取に出した商品は酷似しているものの実は違う商品だったということになります。

具体例

<その1>

スクリーンショット 2015-06-27 11.57.13

<その2>

スクリーンショット 2015-06-27 11.57.32

▲これらの本は一見すると同じ本ですが、<その1>が買取不可で、<その2>が買取対象商品となります。

違いがわかりますか?

各画像右側の本の情報をご覧ください。

「発行者」と「ISBN」が全然違います。

今回のぼくは確認不足によってこの違いに気づかず、買取対象の商品だと思い込んでしまったというわけです。

原因と対策

間違えた原因は確認不足もありますが、全ての本の検索を「本のタイトル」でやってしまったということです。

コードを入れるのが面倒だし、タイトルを入れる方が簡単なのでついついそれでミスをしてしまいました。

ですので、対策としては事前に検索する際には本のタイトルではなく「JAMコード(ISBN-13)」で検索すればミスを防ぐことができるかと思います。

管理人のひとこと

本によっては「JAMコード(ISBN-13)」が付いていない商品もあるかと思いますが発行者などの確認を忘れずに。

ではまた!

▶︎Amazon買取サービス

ご訪問ありがとうございます。
ごゆっくりどうぞ。

follow us in feedly
スポンサーリンク
▶サイト内キーワード検索&関連記事
スポンサーリンク
任天堂、ミニスーファミの予約受付を9月中旬以降に開始予定

任天堂はミニスーファミこと「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミ

iPhoneとMacのコピペ連携「ユニバーサルクリップボード」ができないときの解決方法

iPhoneを「iOS 10」に、そしてMacを「macOS Sier

Kindleストア、「夏☆電書2017 まとめ買いセール」などを開催中

Kindleストアにてコミックスのまとめ買いセール『【20%OFF】

Apple、iOS11搭載のiPadで利用できる新機能を紹介する動画を6本公開

AppleがiOS11搭載のiPadで利用することができる新機能を紹介

WAVE(ウェーブ)
LINEのスマートスピーカー「WAVE」、発送日が8月23日からに延期

7月14日に先行体験版の予約受付が開始され、すでに完売となっているLI

Facebook、表示デザイン仕様の一部変更を発表

Facebookは現地時間15日、利用者の利便性と誘導性の向上を目指し

infltr
Appleの写真編集アプリ「infltr」の無料配布期間が延長(10/1まで)

以前ご紹介したAppleの写真編集アプリ「infltr」の無料ダウンロ

FINAL FANTASY Ⅲ
スクエニがファイナルファンタジーのiPhoneアプリをセール価格で配信中

スクウェア・エニックスが夏休み記念セールと題し「ファイナルファンタジー

【50%OFF以上】Kindleストアで「ギャグマンガフェア」開催中

Kindleストアにてギャグマンガが50%以上安くなる「ギャグマンガフ

【ポケモンGO】招待状が必要な「EXレイド」でミューツーが登場予定

ポケモンGOの公式イベントでレイドバトルに姿を現した伝説のポケモン「ミ

→もっと見る

  • 中の人→


  • 友だち追加数

© 2014-2017 Time to enjoy All rights Reserved.